ベルブラン 効果的な使い方

ベルブランの効果的な使い方|これ知らないと効果半減!

 

ベルブラン 効果的な使い方

 

ベルブランを使ってニキビ跡が改善した人もいれば改善しなかった人もいます。

 

ニキビ跡の状態や生活習慣の違いもあるので、どこに差が出たのか確認できません。

 

ただ、ベルブランは使い方を間違えると効果を実感できない可能性があります。

 

この記事を読むことでベルブランを正しく使えるようになります。

 

ベルブランの基本的な使い方

 

まず、ベルブランを使うタイミングですが、朝と晩一回ずつが基本です。

 

やはり、朝だけとか、夜だけだと中々効果を実感しづらいです。

 

そして基本的な使い方はこちらです。

 

1、洗顔後すぐにベルブランを手のひらに4、5プッシュします。

 

2、顔全体になじませてしっかりとハンドプレスします。

 

3、手持ちの化粧水やクリームで仕上げます。

 

これで終了です。

 

ベルブランを使う順番ですが、美容液だと思って化粧水の後に使うのはNGです。

 

ブースターを使い慣れている人は間違えることはないと思いますが、洗顔の後にベルブランを使います。

 

これだけでもベルブランの効果を実感することができますが、コットンパックを使うとより効果を実感できます。

 

コットンパックを使った効果的な使い方

 

1、まずはコットンパック用のコットンを用意します。

 

ベルブラン 効果的な使い方

 

2、「精製水」にコットンを浸して、軽く絞ります。

 

ベルブラン 効果的な使い方

 

大体このくらいの浸し加減です。

 

ベルブラン 効果的な使い方

 

3、精製水を浸したコットンにベルブランを4、5プッシュ、コットンの上に載せて軽くなじませておきます。

 

ベルブラン 効果的な使い方

 

4、コットンを2つに裂きます。

 

ベルブラン 効果的な使い方

 

このときゆっくり裂くことがコットンをキレイに裂くポイントです。

 

ベルブラン 効果的な使い方

 

5、コットンをキレイに裂くことができたら、ベルブランをなじませていない方のコットンにも

 

ベルブランをなじませて気になる箇所にコットンパックするようにしてください。

 

ベルブラン 効果的な使い方

 

コットンパックの注意点

 

コットンパックをお肌に載せるとき5分以上はしないようにするのがポイントです。

 

コットンの吸収性はすごいので、5分以上コットンパックするとコットンが乾燥してしまい逆にお肌の水分を吸収してしまいます。

 

その結果、お肌の乾燥を促進してしまう可能性があるので、コットンパックは5分以内にとどめることが大切です。

 

ベルブランの使い方に関する口コミ

 

洗顔はぬるま湯がポイント

 

ベルブランの使い方ですが、まず洗顔の方法です。

 

1、しっかり泡立ててから洗顔します。

 

この時、30〜32度くらいのぬるま湯で洗うのがポイントです。

 

強くゴシゴシこするとお肌に悪いので、泡立てた泡で優しく包むように洗います。

 

2、洗顔を終えたら1円玉くらいの量を手に取ってニキビが気になる部分を中心に顔全体になじませる。

 

3、手持ちの化粧水ですぐにしっかり保湿する。

 

4、手持ちの保湿クリームか乳液でなじませて完了。

 

普段のお手入れに付け足すだけなので使い方は簡単です。

 

20代 乾燥肌

 

手に平で温める効果アップ

 

ベルブランの使い方の基本は朝と夜の洗顔後に化粧水の前に使います。

 

まずはベルブランを2〜4プッシュを手に取って洗顔後一番水分を吸収するタイミングですぐに顔全体に塗ります。

 

その時、手のひらで少し温めると浸透しやすくなります。

 

しっかり肌に浸透させたら、化粧水や乳液で軽く押さえるように優しく保湿します。

 

40代 敏感肌

 

ベルブラン 口コミ