ベルブラン 全成分

一番わかりやすいベルブランの全成分|危険な成分は入ってる?

 

ベルブラン全成分

 

ニキビ跡専用の化粧品は数多く販売されていますが、やっぱり安全性の高い商品を使いたいですよね。

 

『ベルブランは安心して使える。』
『ベルブランは肌に優しい無添加処方だから大丈夫でしょ。』

 

ベルブランが安全性をうたっているから大丈夫と考えると痛い目にあってしまいます。

 

そこで、本当にベルブランが安心できる成分をを配合しているのか全成分調べてみました。

 

ベルブランの全成分

 

全成分:【有効成分】 トラネキサム酸  美白作用 グリチルリチン酸2K ニキビ予防 【その他成分】 ヒドロキシエチルセルロース/キサンタンガム/BG/濃グリセリン/カルボキシビニルポリマーアルギニン/POE(40)硬化ヒマシ油/1,2-ペンタンジオール/水添大豆リン脂質/天然ビタミンE/ステアロイルフィトスフィンゴシン/ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液/アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム/加水分解ヒアルロン酸ヒアルロン酸Na-2/エクトイン/油溶性甘草エキス/水溶性コラーゲン液-4/加水分解コラーゲン末/アーティチョークエキス/アセチルチロシン酢酸チロシン/牡丹エキス/カッコンエキス/プルーン酵素分解物/テンニンカ果実エキス/3-O-エチルアスコルビン酸/シルバーバイン果実エキス/セイヨウオオバコ種子エキス/アマチャヅルエキス/スターフルーツ葉エキス/セイヨウナシ果汁発酵液/カンゾウ葉エキス/党参抽出物加水分解液/アルピニアカツマダイ種子エキス/カモミラエキス-1/フェノキシエタノール/精製水

 

このように公式サイトでも、ベルブランに配合されている全成分をしっかりと表記しています。

 

 

危険な成分が一切含まれていないのは明白でした。

 

ただ、いくら安全でもニキビ跡に効果がなければ意味がありませんよね。

 

調べた結果、ベルブランはニキビ跡を解消するために必要な成分を贅沢に凝縮されていました。

 

ベルブランに含まれている保湿成分

 

ニキビ跡を解消するために保湿成分は欠かせません。

 

というのもニキビ跡ができてしまったり、悪化してしまう原因はお肌の生まれ変わり、ターンオーバが乱れているからです。

 

ターンオーバーとは
皮膚の新しい細胞は、表皮の一番下にある「基底層(きていそう)」というところで生まれます。
それが徐々に上へと押し上げられて「角質細胞」になり、最後は「アカ」になってはがれ落ちるという肌の代謝活動のことをターンオーバーといいます。

 

そして、ターンオーバーが乱れると肌がどんどん乾燥してしまいます。

 

ベルブランにはターンオーバーを正常にするために必要な保湿成分がしっかりと配合されていました。

 

ベルブランの代表的な保湿成分

  • セラミド3
  • 三種類のヒアルロン酸
  • エクイントン
  • コラーゲン

 

ベルブランに含まれている美白成分

 

ニキビの炎症によってダメージを受けた肌はターンオーバーが乱れているのでメラニンをうまく排出できません。

 

その結果、メラニンが色素沈着してしまいシミのようなニキビ跡ができてしまいます。

 

この色素沈着を改善するために、ターンオーバーを正常にするのと同時に美白成分で色素沈着を改善することが必要です。

 

美白成分には、

 

  • 今ある色素沈着を改善するもの
  • メラニンの生成を抑制するもの
  • 上記の2つに効果があるもの

 

の3種類に分かれますが、ベルブランには上記の美白成分がすべて含まれていました。

 

ベルブランの代表的な美白成分

  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • 油溶性甘草エキス
  • アルビニアカツマダイ種子エキス

 

ニキビ跡をケアするためには保湿と美白の両方が必要ですが、ベルブランの成分を調べた結果、それら必要条件を十分に満たしていました。

 

また、肌が弱い人でも使えるように、

 

  • 紫外線吸着剤
  • 動物性原料
  • 合成香料
  • タール系色素
  • パラベン
  • 石油系界面活性剤
  • シリコン
  • 鉱物油

 

といった刺激の強い成分を一切使用していませんでした。

 

 

ベルブランを購入した方の実際の口コミでも

 

「肌トラブルを起こさずにニキビ跡を解消できた」
「新しいニキビができなくなった」
「保湿効果でお肌が柔らかくなった」

 

といった喜びの声が多いです。

 

なので安全性が高くて、ニキビ跡に有効な成分を配合している商品を探しているならベルブランがぴったりだと言えるでしょう。

 

ベルブラン 口コミ